講演

 

 

メールマガジン

 

 

お得で楽しいエコライフ小技集
 

 

 

vol.56 2003/02/7発行 ★食器 環境ホルモン全般★

 

 


   ◎メニュー◎  
   ▼クリックアンケート
   ・機械を使わず、建築的手法で太陽熱などを利用する、パッシブシステムに
   興味はありますか?
   ・環境ホルモンに対して不安を感じますか?
   ▼食器 環境ホルモン全般
   ・環境ホルモンって?
   ・環境ホルモンの影響は?
   ・環境ホルモンの濃度
   ・環境ホルモンの種類
   ★「500円以上トクする!今週の小技」(有料版のみ)
   ・暖房で700円〜5700円以上トクする!
   ▼あとがき
   ・有料メルマガに期待するもの
   
   ----▼-------------------------------------------------------------
   クリックアンケート
   
   質問: 機械を使わず、建築的手法で太陽熱などを利用する、パッシブシステ
   ムに興味はありますか?
   
   1 大いにある   32人 (39%)
   2 少しある    23人 (28%)
   3 あまりない    3人  (4%)
   4 まったくない   4人  (5%)
   5 よくわからない 20人 (24%)
   
    なんらかの興味のある人は67%、あまり、または、まったく興味のない方
   は、わずか9%と大きな差が出ました。
   
    やはり、自然エネルギーの有効利用には興味のある方が多いようです。
   コストのあまりかからない、具体的な方法の情報が広まれば、どんどん普及
   していくかもしれません。
   
    アンケートに御協力いただいた方々ありがとうございました。
   
    今回は、環境ホルモンについてです。
   
   環境ホルモンに対して不安を感じますか?
   
   ◆大いに感じる
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00013681a21 >
   ◆感じる
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00013681a92 >
   ◆あまり感じない
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00013681a03 >
   ◆まったく感じない
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00013681a74 >
   ◆わからない
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00013681ae5 >
   ■途中経過・最終結果を見る
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00013681ab0 >
   ■コメントボード
   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/cb.cgi?q0001368167 >
   
   ☆締切:2003年02月13日18時00分
   ★協力:メールマガジンをおもしろくする《クリックアンケート》
            →→  [ http://clickanketo.com/ ]
   
    リンクをクリックするだけですので、気軽に参加してみてください。
   
   ----▼-------------------------------------------------------------
   食器 環境ホルモン全般
   
    愛知県刈谷市にお住まいの、hirakeiさんから頂いたリクエストにお答えし
   ます。
   
    「当店のお得意さま(保育所経営)から、「給食用の食器や弁当箱に環境
   ホルモンを全く含まないものはないか?」と問い合わせがあり、いろいろ調
   べているのですが、プラスチック製品の中でも、ポリプロピレン、ポリエチ
   レンそのものは、大丈夫らしいのですが、その製造工程で酸化防止剤を使う
   らしく、たとえ、PP、PEであっても、環境ホルモン溶出の可能性がある
   との考えもあります。
    
   それで、他の代替原料で単価もやすくでき普及も容易な弁当箱や食器を取り
   扱っているメーカー、団体などを現在探しております。」
   
    とのことです。
   
    お店への問い合わせではありますが、内容が、一般の方も関心があるもの
   だと思いますので、取り上げさせていただきます。
   
    なお、有料版の創刊に合わせて、内容をより読みやすくするため、今号か
   ら、会話形式にします。
   
    otomiさん(私)が、ご近所の主婦3人組の立ち話につかまって、いろいろお
   話しするという設定です。
   
    登場する主婦
   
   面倒さん 面倒くさがり。
   環興さん ちょっと環境問題に興味がある。でも「何かしなくちゃ」と、思
   っているものの、どうすればいいのかよく知らない。
   耳先さん いろいろ聞いた知識を持っているが、間違っていることもある。
   
   
   ★環境ホルモンって?
   
   環興さん「otomiさん、こんにちは。うちの子が通う保育所で、今度食器を換
   えることになったんだけど、どうせなら、環境ホルモンの心配がない物にし
   ようという話になっているの。相談に乗ってくれない?」
   otomi  「いいですよ。」
   
   面倒さん「じゃあまず、環境ホルモンって良く聞くけど、どんな物なのか教
   えてよ。」
   otomi  「環境ホルモンは、正式、というか、正確な言葉としては、外因性
   内分泌かく乱化学物質って呼ばれています。」
   環興さん「ガイインセイナイブン・・・?」
   otomi  「覚えにくいですよね。まあ、環境ホルモンでいきましょう。」
   「まずホルモンのお話をしますと、ホルモンは、甲状せんや副じん、精巣、
   卵巣など色んな場所で作られ、体を巡って、様々な働きをしています。」
   
   耳先さん「たくさん種類があるわけね。でも、そうすると、間違って、関係
   ない所でホルモンが働いたりする心配はないの?」
   otomi  「それが、うまくできていて、ホルモンは、それぞれ、特定の受容
   体と結びつかないと働かないようになっているんです。」
   
   面倒さん「ジュヨウタイって?」
   otomi  「それぞれのホルモンがカギを持っているとしたら、受容体はカギ
   穴のような物です。カギとカギ穴が合わないと働かないわけです。」
   耳先さん「なるほど。」
   
   otomi  「ところが、環境ホルモンは、合いカギを持っているんです。」
   3人   「合いカギ!?」
   
   otomi  「そうなんです。勝手にカギを開けて必要のない時に反応を起こし
   たり、カギ穴をふさいで、ホルモンの邪魔をして、働けなくしたりするんで
   す。」
   耳先さん「それじゃあ混乱しちゃうわねぇ。」
   
   otomi  「そうなんです。これで、先ほどの、難しい正確な呼び名の意味が
   わかると思います。外からやってきて、体内の分泌をかく乱する化学物質だ
   から、外因性内分泌かく乱化学物質というわけです。」
   環興さん「なるほどねぇ。」
   
   ★環境ホルモンの影響は?
   
   面倒さん「それで、ホルモンの働きが邪魔されるとどうなるの?」
   otomi  「野生動物に対しては、生殖能力が落ちたり、雄と雌の比率が変わ
   ったり、メスなのにオスの特徴が出たりといった影響が出ているという報告
   があります。」
   
   耳先さん「人間でも、男の人に影響が出ているとか・・・。」
   otomi  「確かに、男性の精子の数が大幅に減っているという報告は、ヨー
   ロッパでも、日本でもありました。」
   「ところが一方で、減っていないという報告もあるんです。また、試験方法
   が一定でなかったり、試験装置の誤差が大きいといった問題点も指摘されて
   いて、まだ論争が続いている状態です。」
   「でも、精子の減少を疑っていた研究者が、厳密に行った調査でも、やっぱ
   り、減少を裏付ける例も出ていて、やや、減少派が優勢です。」
   
   面倒さん「やっぱり、環境ホルモンの影響は出ているんだ!」
   otomi  「うーん、精子の減少が、仮に確実となったとしても、様々な原因
   が考えられるので、環境ホルモンの影響かどうか判断するには、まだ研究が
   必要でしょうね。」
   
   環興さん「ほかの例はないの?」
   otomi  「有名な例としては、PCB(ポリ塩化ビフェニール)やダイオキシンに
   よる、カネミ油症事件があります。」
   「それから、DES(ジエチルスチルベストロール)の例もあります。1940年ごろ
   から、アメリカで、流産や早産を防ぐ薬として、合成された女性ホルモンが
   使われたのですが、生まれた子供たちが大人になって、生殖器官のガンなど
   が発生しやすいことがわかり、1970年代になって、禁止されたのです。」
   面倒さん「何十年もたって、やっと禁止された訳!」
   
   otomi  「それが、環境ホルモンの問題の怖い面なんですね。」
   「妊娠初期にDESを取ると、その時点で、胎児に不可逆的、つまり、元に戻ら
   ない影響を与えていたわけですが、それは、実際にガンが多発し始めるまで
   わからなかったわけです。」
   
   ★環境ホルモンの濃度
   
   「もちろん、薬として飲んだものと、知らず知らずのうちに、環境中から取
   ってしまうものでは、濃度が全く違いますから、一緒にはできないのかもし
   れませんがね。」
   
   耳先さん「でも、環境ホルモンの場合、ほんの少しの濃度でも影響があるっ
   て聞いたわよ。」
   otomi  「確かに、種類によりますが、ppbとか、pptといった単位の、ごく
   微量でも影響があるとされるものもあります。」
   
   環興さん「ピーピーティー?ppmなら聞くけど。」
   otomi  「ppmは、100万分の1の濃度です。1tに対して1gに当たります。」
   「ppbだと、10億分の1、pptになると、1兆分の1ですね。」
   
   3人   「1兆分の1!」
   
   otomi  「1万tに対して1gに当たります。」
   「でも、物質によって、どの位の濃度で問題になるのか、体内に残りやすい
   のかなど、特性が違うようですから、それぞれの物質に合わせた対策が必要
   になっていくと思います。」
   
   ★環境ホルモンの種類
   
   環興さん「環境ホルモンって何種類くらいあるの?」
   otomi  「有名なダイオキシンや、PCBを始め、約70種類が、環境ホルモンか、
   その疑いがあるものとされています。」
   
   面倒さん「70種類もあったら、それぞれの特徴なんて覚えきれないわよ。」
   
   otomi  「確かに。ですから、環境ホルモンを全部ひとくくりにして、すべ
   て体内に蓄積して、ほんの少しでも危険だから、全部なくせといった反応に
   なってしまうんでしょうね。」
   
   面倒さん「いいんじゃない。全部なくせば。」
   otomi  「いや、リスクは非常に低いのに、代替品は、別の面の環境負荷が
   大きいとか、コストが非常にかかるといったケースも考えられます。」
   
   面倒さん「ややこしいわね!」
   otomi  「そうですね。でも、あまりゆっくりしていると、その間にも将来
   の犠牲者が増えているかもしれませんから、研究者には、実態の解明を、産
   業界には、より安心で、環境負荷の少ない代替品の開発に頑張ってもらわな
   いといけないですね。」
   
   「環境ホルモン全般の話が、随分長くなってしまいました。食器の場合の環
   境ホルモンの話は、また今度にしましょう。」

 

講演

   ----▼-------------------------------------------------------------
   あとがき
   
    先週、有料メールマガジンに関するアンケートも行いました。
   その結果、有料メルマガをとるとしたら、「料金以上にトクする情報が得ら
   れる場合」「そのメルマガでなければ得られない情報がある場合」という人
   が多くなりました。
   
    「500円以上トクする!楽しいエコライフ小技集」では、その期待に応(こた)
   えていけるよう頑張っております。
   
    今月中に申し込んでいただければ、同じ料金で、創刊号から、バックナン
   バーをごらんいただけますので、どうぞ、よろしくお願いします。
   
            インターネットeco放送局 otomi.tv 代表 富永秀一
   
   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●
   
   お得で楽しいエコライフ小技集 vol.56
   ☆編集・発行 インターネットeco放送局 otomi.tv
   URL:    http://otomi.tv
   E-MAIL: eco@otomi.tv
   
   このメールマガジンの著作権は
   インターネットeco放送局otomi.tvに属します。
   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

 
 

メールマガジン登録
前目次次

 
 

*ページのトップへ

ホーム