メールマガジン

 

 

お得で楽しいエコライフ小技集

 

 

vol.11 2002/03/15発行 ★ポケットティッシュ★

 

 

   

   ◎メニュー◎  

   ・ポケットティッシュ

   ・あとがき

   

   ----▼------------------------------------------------------

   ポケットティッシュ

   

    "エコ技"、今回は、前回の「ハンカチ」とペアで持つことが多い、「ポケ

   ットティッシュ」です。

   

    ポケットティッシュは、人通りの多い町中では、宣伝のため、無料で配ら

   れていますので、よく町中に出かける人は、買う必要がないと思います。

   しかし、無料でもらう機会が少ない人は、次のようなポイントで購入しましょ

   う。

   

   ★再生紙

   

    再生紙でできたティッシュがいろいろ出ています。

   ティッシュは、使ったら捨ててしまうものですから、バージンパルプのもの

   を使うなんて、もったいないですよね。

    また、こうした環境に配慮した商品を置いているかどうかで、買い物をす

   るお店も選びましょう。

   ネット上で売っているサイトもありますが、数百個単位のところが多いのが

   難点です。

   

   ★水に溶ける

   

    普通のティッシュペーパーは、トイレットペーパーと違い、水にぬれても

   破れないよう、薬剤を混ぜるなどして加工してあります。

    鼻をかむ時などは、水に強い方が助かるわけですが、使う場面によっては、

   この強さが災いします。

    例えば、山の中などトイレ以外で使用した場合、なかなか分解されないた

   め、白い花が咲いたようにティッシュが点々と残り、景観を損ねるのです。

    まずは、トイレ以外で用を足さないことが一番ですが、仕方なかった場合

   には、ティッシュは、ペットのふんを持ち帰るのと同様に、袋などに入れて

   持ち帰り、燃えるゴミとして捨てましょう。

    また、ティッシュは、トイレで使っても問題です。

   水に強いため、水洗トイレを詰まらせ、くみ取り式トイレでも、汚物の量を

   増やすのです。

   山小屋のトイレの場合、多くは、し尿をため、登山シーズンが終わったら流

   して捨てているため、山肌にティッシュが白い川のように残ってしまいます。

    今は、水に溶けやすくし、その分厚手にしたティッシュも開発されていて、

   採用する広告主も出てきています。

   野山に捨てない、トイレで使わない、ということが一番だと思いますが、そ

   うした知識のない方もいらっしゃいますので、大切な運動だと思います。

   

   ★水に溶ける再生紙

   

    上の二つの性質を兼ね備えた、水に溶けやすい再生紙100%のポケットティ

   ッシュもあります。

    環境に配慮した商品の購入を勧めている、グリーン購入ネットワークのデ

   ータベース

   (http://www.gpndb.jp/)には、2種類の商品が紹介されています。

   

   「ティッシュペーパー」→「ポケットタイプ」と選んでいくと、銘柄名はも

   ちろん、紙の白さや入っている枚数などのデータが載っています。

   

   ★ゴミ袋付き

   

    富士山の北のふもとにある、山梨県勝山村

   (http://www.vill.katsuyama.yamanashi.jp/kanko/FURUSATO/index.html)では、ゴ

   ミ袋2枚入りのポケットティッシュを2万個作って、学校やイベント会場で配

   っています。

   「ゴミをポイ捨てしないでほしい、できれば屋外に落ちているゴミを拾って

   ほしい」という願いが込められていて、縦45cm、横30cmの透明ポリ袋2枚が、

   ティッシュの袋に納められています。

   ティッシュはサトウキビの絞りかす、バガスで作ってあり、水にも溶けます。

  

    去年メディアで報道されてから、各地の自治体から多数問い合わせがあっ

   たということで、みなさんのお近くでも、このアイディアを採用するところ

   が出てくるかもしれません。

   

   ★ケナフ?

   

    ケナフを使ったティッシュもあります。

   以前も書きましたが、ケナフが環境に優しいかどうかはよくわかりません。 

  

   再生紙より優しくないのは確かでしょうが、バージンパルプと比べた場合ど

   うでしょう。

   日本で製紙材料として使われる木の多くは、住宅用材木などを取った後のい

   わば残り物で、木をそのまま使うことがあっても、よく問題になる熱帯の天

   然林ではなく、植林管理された林のものがほとんどということです。

    ケナフの良さは、1年草で普通の木よりも数倍の早さで育つ、すなわち、二

   酸化炭素の吸収量が多いことです。

   しかし、ティッシュに使った場合、ほとんどは焼却処分されますから、その

   時点で、二酸化炭素はまた大気に出てしまいます。

    このほかにもケナフにはいろいろと問題があるため、ポケットティッシュ

   の素材として、バージンパルプよりも環境に優しいとは言えないと思います。

   

   ★必要な分だけちぎる

   

    ボックスティッシュにも言えることですが、気軽に使えるため、少しの汚

   れなのに、1枚丸々使ってしまいがちです。

   必要と思われる分だけちぎって使えば節約できます。

   

   ★広告

   

    広告用のポケットティッシュに入っている広告の紙は、大きさが大体そろ

   っているので、捨てずにまとめれば、ちょっとしたメモ用紙に活用できます。

   

     みなさんも、「ほかにこんなものがある」「こんな技がある」といった情

   報がありましたら、お知らせください。

    また、「今度、これを買おうと思っているんだけど、どんなものがいいか

   な?」とか、「古くなって、捨てようと思っているものがあるんだけど、何

   かに使えるかな?」といった、リクエストもありましたら、どしどしお寄せ

   ください。

    優先してお調べいたします。

   

   →メール:eco@otomi.tv                                               

  

 

   ----▼------------------------------------------------------        

   

   あとがき                                                            

   

    私がいつも通っている散髪屋さんが、今度、移転して、リニューアルオー

   プンするそうです。

   それを聞いて、ある光景を思い出しました。

    去年の夏ごろでした。

   近所を自転車で走っていると、向こうから、美容院用の古いいすをいくつか

   載せた、軽トラックが走ってきます。

   何げなくそのいすを見た時、背もたれの部分に書かれた大きな文字が、目に

   飛び込んできました。

   「長い間ご苦労様でした」

    美容院が、改装するのか、つぶれてしまったのかはわかりません。

   いずれにしても、長い間、一緒に働いてくれたいすを捨てるにあたって、色

   んなことが思い出され、あっさりとは別れられずに、思わず書かれたのでは

   ないかと思います。

    私は、物に対する感謝の気持ちに触れて、心があったかくなりました。

    愛情を持って物に接する。

   エコライフにも通じますよね。

   

              インターネット放送局 otomi.tv 代表 富永秀一

     

   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

   お得で楽しいエコライフ小技集 vol.11

   ☆編集・発行 インターネット放送局 otomi.tv

   URL:    http://otomi.tv

   E-MAIL: eco@otomi.tv

   

   このメールマガジンの著作権は

   インターネット放送局otomi.tvに属します。

   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

 

 

メールマガジン登録 


前目次次 

 

 

*ページのトップへ
ホーム