メールマガジン

 

 

お得で楽しいエコライフ小技集
 

 

 

vol.23 2002/06/8発行 ★自動車購入時1★

 

 

   
   ◎メニュー◎  
   ・自動車購入時1
   ・アンケートでオーガニックコットンプレゼント
   ・あとがき
   
   ----▼------------------------------------------------------
   自動車購入時1
   
    このメールマガジンで取り上げるテーマについて、リクエストがありまし
   た。
   
   >   私は大気汚染と車の関係に特に関心があるので、リクエストします。
   >エコカーは沢山出てますが、アイドリングをしてもいいんでしょうか?
   >街でよく見かけて気になっています。
   >せっかくエコカーなら、むやみなアイドリングも控えて欲しいです。
   >できるだけ多くの人に、エコロジカルな運転法を実践してもらうため、
   >メールマガジンで取り挙げてください。よろしくお願いします。m(−−)m
   >
           愛知県瀬戸市 くまいりえさん (OL・省エネルギー普及指導員)   
   
    「くまい」さん、ありがとうございます。
   ということで、今号から「自動車」のテーマでお伝えします。
   「くまい」さんのリクエストの内容については、自動車の使い方の、アイド
   リングの部分で触れようと思います。
   
    自家用車は、家庭から出る二酸化炭素の、最大の排出源で、環境省の算定
   によると、35%(1999年度)を占めています。
   ですから、自動車を買う時、乗る時に環境を意識するかどうかは、あなたや
   家族が出す二酸化炭素の量を大きく左右することになります。
   今回は、自動車を買う時(買うかどうか検討する時?)のお話です。
   
   ★買わない
   
    自動車を買わないという選択もあります。
   我が家も、'94年までは買っていませんでした。
    ふだんは、徒歩、自転車、電車、バスで移動し、荷物が多い時などは、タ
   クシーを利用しました。
   レジャーで遠出する時にはレンタカーを借りました。
    この方が、もちろん、二酸化炭素や大気汚染物質を出す量は圧倒的に少な
   くて済みます。
    そして、お金の面で見ても、車は買う時に大金が必要なだけでなく、燃料
   費、駐車場代、修理・車検代、税金、保険料など、様々な維持費用が必要で
   すから、タクシーやレンタカーを使ったとしても、大抵の場合、買わない方
   が安く済みます。
    しかし、我が家の場合、二人目の子供ができた時、小さな子供を二人連れ
   て公共交通機関を利用すると、周りの人に迷惑を掛けないように気を使いま
   すし、持てる荷物も少なくなるなどの理由から、車を買いました。
    4人以上で移動することが少ない、公共交通機関の駅やバス停からそれ程離
   れていないということなら、車を買わないのも一つの方法です。
   
   ★カーシェアリング
   
    車を共同で所有し、必要な時に必要な人が使う制度が、カーシェアリング
   です。
   費用の節約になりますし、車を作る時に必要や資源やエネルギーなども減ら
   せます。
    また、大抵、利用には予約が必要ですから、歩いていける所なのについつ
   い車を使ってしまうようなことが少なくなり、燃料の節約にもなります。
    '80年代後半からヨーロッパで本格的に始まり、最近は、アメリカなどでも
   広がりを見せています。
    国内では、電気自動車を活用するシステムが幾つかありますが、まだ実験
   の域を出ていません。
   しかし、今年になって、オリックスやスズキ、NECなどによって、カーシェア
   リングの事業化を助けるため、車両管理システムなどを提供する会社が設立
   されるなど、少しずつ環境が整いつつあります。
    お住まいの地域で、事業が始まりましたら、利用を検討してみてはいかが
   でしょうか。
   

 

 

   ★用途に合わせて買う
   
    ほとんど一人で移動するのにミニバンを買ったり、悪路なんて走らないの
   に四輪駆動車を買ったり、サーキットを走るわけでもないのにスポーツカー
   を買ったりされる方もいらっしゃいます。
    車には、趣味の面もありますから、全面的に否定はしませんが、流行に流
   されて、ふだんの用途とずれた車を買うと、環境にも家計にも良くない結果
   を招くと思います。
    でも、本当に流行に敏感な人なら、今は、ハイブリッドカーや小型車、低
   燃費車に目が行くでしょうから、それなら結果的には流されてもらってもい
   いかも(笑)。
    あと、車を買い換えるたびに、グレードを上げていくのが当たり前のよう
   になっていますが、その“常識”に縛られる必要はないと思います。
   今はどんどん車の低公害化が進んでいますから、グレードを一つ上げても、
   今まで乗っていた車と、燃費や、有害物質が出る量がほとんど変わらなかっ
   たり、かえって減るかもしれません。
   でも、きっと、今までの車と同じグレードで比べてみると、もっと環境への
   影響が少なくて済むのではないでしょうか。
   いっそのこと発想を変えて、低公害性のグレードで考え、それを、買い換え
   るたびに上げていくというのはいかがでしょう。
   
    みなさんも、「ほかにこんなものがある」「こんな技がある」といった情
   報がありましたら、お知らせください。
    また、「今度、これを買おうと思っているんだけど、どんなものがいいか
   な?」とか、「古くなって、捨てようと思っているものがあるんだけど、何
   かに使えるかな?」といった、リクエストもありましたら、どしどしお寄せ
   ください。
    優先してお調べいたします。
   
   →メール:eco@otomi.tv
   
   ----▼------------------------------------------------------
   アンケートでオーガニックコットンプレゼント
   
    このメールマガジンや、Webサイトで公開中の作品に対する感想などをうか
   がうアンケートを始めました。
   お答えいただきました方の中から、抽選で5名様に、「otomi.tv特製 オーガ
   ニックコットンタオル」をプレゼントいたします。
   是非、御協力をお願いします。
   
   →http://otomi.tv
   

 


   ----▼------------------------------------------------------
   あとがき
   
    今週は、大きなテーマ、「自動車」の最初の週で、しかも、急に親せきの
   不幸があって、広島に行ったりしていたため、金曜日中の発行が間に合いま
   せんでした。
   すみません。
    今回初めて、リクエストにお答えしました。
   みなさんも、メールでも、アンケートの自由記入欄でも結構ですので、リク
   エストがありましたら、お寄せください。
   お待ちしています。
   
            インターネットeco放送局 otomi.tv 代表 富永秀一
 
   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●
   お得で楽しいエコライフ小技集 vol.23
   ☆編集・発行 インターネットeco放送局 otomi.tv
   URL:    http://otomi.tv
   E-MAIL: eco@otomi.tv
   
   このメールマガジンの著作権は
   インターネットeco放送局otomi.tvに属します。
   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

 

 

メールマガジン登録
前目次次

 

 

*ページのトップへ
ホーム