メールマガジン

 

 

お得で楽しいエコライフ小技集
 

 

 

vol.29 2002/07/19発行 ★自動車 燃料 ガソリン車用1★

 

 

   
   ◎メニュー◎  
   ▼自動車 燃料 ガソリン車用1
   ・硫黄
   ・燃料蒸気圧
   ・ベンゼン
   ▼あとがき
   
   ----▼------------------------------------------------------
   自動車 燃料 ガソリン車用1
   
     愛知県瀬戸市にお住まいの、くまいりえさんのリクエストにお答えして、
   「自動車」のテーマでお伝えしています。
   今回からは、自動車の走行に欠かせない、燃料です。
   細かく言えば、いろいろありますが、ガソリン車用と、ディーゼル車用に絞
   ります。
   
   ★硫黄
   
    直噴エンジンなど、燃料を薄くして爆発させるエンジンは、燃費はいいの
   ですが、窒素酸化物が出やすいため、窒素酸化物を取り除く専用の触媒が必
   要になります。
   
    ところが、ガソリンに硫黄分が多いと、その触媒の能力を落としてしまい
   ます。
   
    また、一般のエンジンでも、硫黄分が多いと、有害物質の出る量が増えま
   す。
   
    現在、ガソリン、特にレギュラーガソリンには、多いもので、80ppm程度の
   硫黄分が含まれていますが、ヨーロッパでは、2009年から、これを10ppm以下
   にする規制を検討中です。
   
    また、東京都も、環境基本計画の中で、2008年までに10ppm以下に抑えるこ
   とを求めています。
   
    国も緩やかですが、2004年末までに現在の100ppmから50ppm以下に規制を厳
   しくすることを検討中です。
   
    すでに、10ppm以下を達成しているガソリンも売られていますので、そうし
   たガソリンを選べば、同じ車でも有害物質の出る量を減らせます。
   
    2002年7月現在、硫黄分10ppm以下を保証、又は、実績として10ppm以下にな
   っているのは、次の商品です。
   
   保証 新日本石油(旧日石三菱)・ヴィーゴ
   実績 新日本石油・ENEOSハイオク 出光興産・スーパーゼアス 昭和シェル
   石油・ピューラ、プレミアム コスモ石油・スーパーマグナム ジャパンエ
   ナジー・GP-1プラス 太陽石油・スーパーコロナ
   
    実績となっているものに関しては、平均すると10ppm以下ですが、精油所に
   よってばらつきがあったり、他社とガソリンを融通しあっていたりして、10
   ppmを越えることもあります。
   
    ヴィーゴに関しては、関東・関西での地域限定販売ですが、他社との融通
   を行っていないため、10ppm以下を保証しています。
   
   ★燃料蒸気圧
   
    ガソリンは、揮発性の高い成分を含むため、光化学スモッグの原因となる
   ガスが自然に蒸発してしまいます。
   
    そこで、ヨーロッパでは、その蒸発するガスの圧力を、60kPa以下と規定し
   ています。
   
    日本の石油業界では、自主的に2001年、去年夏から、72kPa以下としていま
   す。
   国は、2005年夏からは、自主的に65kPa以下にするよう求める方針です。
   
    石油元売り各社に聞きましたが、現在、先取りして65kPa以下にしている所
   はありませんでした。
   
   ★ベンゼン
   
    発ガン性物質のベンゼンに関しては、出光が、1993年12月に、1%以下を達
   成し、1996年4月にエコマーク商品の認定を受けました。
   
    その後、国も、1996年から5%以下、2000年には1%以下の規制を実施したた
   め、現在のガソリンは、どれも低ベンゼンとなっています。
   
   
    次回は、何かと話題のガソリン車用のアルコール燃料についてお伝えする
   予定です。
   
    みなさんも、「ほかにこんなものがある」「こんな技がある」といった情
   報がありましたら、お知らせください。
    また、「今度、これを買おうと思っているんだけど、どんなものがいいか
   な?」とか、「古くなって、捨てようと思っているものがあるんだけど、何
   かに使えるかな?」といった、リクエストもありましたら、どしどしお寄せ
   ください。
    優先してお調べいたします。
   
   →メール:eco@otomi.tv
   

 


   ----▼------------------------------------------------------
   あとがき
   
    しばらく、営業などに忙しく、映像作品づくりが全くできていませんでし
   たが、短めですが、太陽光発電の続編が、来週中にはできそうです。
    果たして事前の予想通り、月々数千円の負担で収まったのかを御報告する
   ほか、補助金削減、廃止の動きなどもお伝えします。
   
            インターネットeco放送局 otomi.tv 代表 富永秀一
 
   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●
   お得で楽しいエコライフ小技集 vol.29
   ☆編集・発行 インターネットeco放送局 otomi.tv
   URL:    http://otomi.tv
   E-MAIL: eco@otomi.tv
   
   このメールマガジンの著作権は
   インターネットeco放送局otomi.tvに属します。
   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

 

 

メールマガジン登録
前目次次

 

 

*ページのトップへ
ホーム