メールマガジン

 

 

お得で楽しいエコライフ小技集

 

 

vol.34 2002/08/23発行 ★自動車 タイヤ1★

 

 

   

   ◎メニュー◎  

   ▼自動車 タイヤ1

   ・エコタイヤいろいろ

   ・インチダウンはいかが?

   ・窒素を入れる?

   ▼クリックアンケート

   ・あなたの車 エコタイヤですか?

   ▼あとがき

   

   ----▼------------------------------------------------------

   自動車 タイヤ1

   

    愛知県瀬戸市にお住まいの、くまいりえさんのリクエストにお答えして、

   「自動車」のテーマでお伝えしています。

    今回は、タイヤについてです。

   

    タイヤは、自動車の燃費に影響を与える要素の一つです。

   転がり抵抗を減らせば、燃費が良くなります。

   寿命も長いに超したことはありません。

   

    また、時速80kmを越えると、エンジン音よりタイヤの走行音の方が大きく

   なります。

   騒音対策も重要です。

   

   ★エコタイヤいろいろ

   

    タイヤメーカー各社は、様々な工夫を凝らした、環境に優しいタイヤをア

   ピールしています。

   

   ・天然ゴムをより多く使い、合成ゴムの使用量を減らしたもの。

   ・転がり抵抗を減らし、燃費を良くしたもの。

   ・溝の本数や形を工夫したり、振動を吸収するシートを挟んだりして、騒音

   を減らしたもの。

   ・減り方の偏りを少なくしたり、成分を工夫するなどして、寿命を延ばした

   もの。

   

    しかし、転がり抵抗などの数値は、自社従来製品との比較しか公開されて

   いないため、本当に燃費が良くなるのは、どのメーカーのどのタイヤなのか

   わかりにくいのが現状です。

   

    共通の基準を定め、消費者が、各社のタイヤの性能を比較できるようにし

   てほしいものです。

   

    現在、国土交通省が、車の環境影響評価の基準作りを始めていて、その中

   で、タイヤについても、基準を設定するかもしれないということです。

   

    是非、わかりやすく、実態にあった基準を作ってほしいと思います。

   

   ★インチダウンはいかが?

   

    タイヤ全体の直径は変えずに、リム、すなわちホイール部分の直径を大き

   くし、タイヤ部分を薄くすることをインチアップといいます。

   

    インチアップすると、横から力がかかってもタイヤがゆがみにくくなるこ

   となどから、走りの安定性が増します。

   

    その代わり、重くなりますし、普通、タイヤの幅が広くなり、転がり抵抗

   が増えるので、燃費が悪くなり、騒音も大きくなります。

   

    タイヤ部分が薄くなるため、路面の凹凸が伝わりやすくなり、乗り心地も

   悪くなります。

   

    よほどスポーツ走行をする必要のある方以外にはおすすめできません。

   

    逆に、インチダウンをすれば、燃費が良くなります。

   また、乗り心地も良くなり、走行音も静かになります。

   一般的に価格も安くなります。

   

    エコドライブを目指すみなさんは、間違えてもインチアップはせず、ホイ

   ールは同じでタイヤだけ替えるか、もしホイールを替えるのであれば、イン

   チダウンをしてみてはいかがでしょう。

   

    ただし、タイヤの外径は変えないように選ばないと、車体と接触したり、

   スピードメーターやトリップメーターが不正確になったりします。

   

    車と、タイヤ・ホイールの組み合わせによっては、つけられないこともあ

   りますので、タイヤサイズを変える際には、信頼できるタイヤ販売店と相談

   しましょう。

   

    その際、タイヤの規格の見方がわかっていると便利です。

   例えば、「205/65R15」とある場合、205はタイヤの最も太い所の横幅をmm単

   位で表しています。

   

   65は扁平(へんぺい)率です。

   幅が同じなら、この数字が小さいほどタイヤ部分が薄く、大きいほど厚くな

   ります。

   

   Rはラジアルタイヤであることを示しています。

   今はほとんどラジアルです。

   

   15はリム(ホイール)の直径をインチ単位で表しています。

   

   また、外径もカタログなどに載っていますので、確かめましょう。

   

    例えば、「205/65R15」からインチダウンする場合、まず外径を確かめると、

   メーカーによりますが、645〜650mmです。

   ほとんど同じ外径で、14インチにした場合、「205/70R14」か「185/80R14」

   あたりになります。

   

    「205/70R14」だと、軽量化の効果はありますが、タイヤの幅が変わらない

   ため、燃費改善の効果は限定的です。

   

    「185/80R14」ならタイヤの幅が、205mmから185mmになりますので、燃費改

   善が期待できます。

   

    ちなみに、タイヤが細くはなりますが、大抵、このクラスなら、規格上、

   重さは1本あたり615kgまで、速度は180kmまで耐えられるものが多いので、厳

   しい走り方をしない限り問題はないでしょう。

   

    ブレーキの部品がホイールに当たるなどして、インチダウンできない場合

   は、ホイール径は変えずに、タイヤの幅を狭くしても燃費は良くなります。

   

    「195/65R15」のあたりでしょうか。

   外径が、約635mmと小さくなってしまうので、本当は、「185/70R15」があれ

   ばちょうどいいはずなのですが、乗用車用では、このサイズのものは出回っ

   ていないようです。

   

    このように、欲しいタイヤに、そのサイズがないこともありますが、いろ

   いろな組み合わせの中から選んでみてください。

   

    なお、ホイールも、できるだけ軽いものを選べば、燃費が良くなります。

   

   もちろん、ボルトの数や穴の間隔などが車と合うことが前提ですが。

   

   ★窒素を入れる?

   

    最近、ガソリンスタンドなどで、タイヤに窒素を入れられる所が増えてい

   ます。

   

    窒素は、もともと空気の8割を占めているものですから珍しくはありません。

   

   入れられるのは、湿度を0%にした、ドライ窒素です。

   

    窒素は、酸素に比べてゴムを透過しにくい性質があるため、空気が抜けに

   くくなります。

   

    「自動車 エコドライブ1」の回にお伝えしたように、空気圧が0.5kg/平方

   cm少ないタイヤで走ると、燃費は、リッター0.3km悪くなります。

   

    また、普通は空気と一緒に水分も入ってしまい、場合によっては、ホイー

   ルや、タイヤ内部のスチールワイヤーを錆(さ)びさせる可能性もあります

   が、ドライ窒素ならその心配はないというわけです。

   

    価格は、4本に入れて2千円程度です。

   ホイールの錆びが心配であったり、空気を入れるのが面倒、サーキット走行

   で、内部の水分が蒸発して空気圧が上がりすぎる危険性がある、という人な

   らメリットはあるかもしれません。

   

    ただし、窒素を入れても、空気圧が下がるのは、ゴムからの透過だけが原

   因ではありませんから、2〜3か月に1度は、チェックしましょう。

   

    みなさんも、「ほかにこんなものがある」「こんな技がある」といった情

   報がありましたら、お知らせください。

    また、「今度、これを買おうと思っているんだけど、どんなものがいいか

   な?」とか、「古くなって、捨てようと思っているものがあるんだけど、何

   かに使えるかな?」といった、リクエストもありましたら、どしどしお寄せ

   ください。

    優先してお調べいたします。

   

   →メール:eco@otomi.tv

   

   ----▼------------------------------------------------------

   クリックアンケート

   

    今週から、クリックするだけで簡単にアンケートに答えられる、クリック

   アンケートを実施することにしました。

    どしどし、参加をお願いします!

   

    この質問で言うエコタイヤとは、現在、基準がありませんので、メーカー

   が燃費がいいなどとPRしているタイヤということです。

   

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   あなたの車 エコタイヤですか?

   

   ◆以前からエコタイヤ

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773a71 >

   ◆最近エコタイヤにした

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773ae2 >

   ◆次はエコタイヤにする

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773a53 >

   ◆エコタイヤにしたことがあるがやめた

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773ac4 >

   ◆今後もエコタイヤにするつもりはない

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773a35 >

   ◆車を持ってない

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773aa6 >

   ◆わからない

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773a17 >

   ■途中経過・最終結果を見る

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/a.cgi?q00011773a00 >

   ■コメントボード

   ┗< http://clickanketo.com/cgi-bin/cb.cgi?q0001177384 >

   

   ☆締切:2002年08月29日18時00分

   ★協力:メールマガジンをおもしろくする《クリックアンケート》

            →→  [ http://clickanketo.com/ ]

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   

 

   ----▼------------------------------------------------------

   あとがき

   

    一気に涼しくなりましたね。

   とは言っても、これは、先日の台風13号の大きな反時計回りの渦の影響で、

   大陸から冷たい空気が南下してきただけですから、もう少しすると、また酷

   暑が戻ってくるはずです。

    一度涼しさに一息ついた所で来る暑さなので、より体にこたえることでしょ

   う。

   みなさん体調を崩さないよう、お気をつけください。

   

            インターネットeco放送局 otomi.tv 代表 富永秀一

    ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●
   お得で楽しいエコライフ小技集 vol.34
   ☆編集・発行 インターネットeco放送局 otomi.tv

   URL:    http://otomi.tv

   E-MAIL: eco@otomi.tv

   

   このメールマガジンの著作権は

   インターネットeco放送局otomi.tvに属します。

   ●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

 

 

メールマガジン登録 


前目次次 

 

 

*ページのトップへ
ホーム